本文へスキップ

潤滑油の山田商会は各種高級潤滑油を専門とするオイル販売会社です。

TEL. 0744-32-6767 

〒636-0355 奈良県磯城郡田原本町佐味582
Email. yamada-syoukai@y-oil.jp

工業機械用潤滑油

コンプレッサオイル

空気圧縮機の種類

空気圧縮機の種類,容積形,ターボ型

往復動(レシプロ)圧縮機

往復動(レシプロ)圧縮機


空気圧縮機の潤滑油


   往復動圧縮機  スクリユー圧縮機
潤滑油の役割 (1)内部油はピストン、シリノダーの潤滑とシール作用をする。
(2)外部油はクロスヘッド、クランクシャフト軸受の潤滑を行う。
(3)大型機(高圧用)では内部油と外部油を条件によつて使い分けるが、小型機では共通である。
(1)増速歯車、軸受を潤滑する。
(2)圧縮空気を冷却する。
(3)ロータとケーシングの隙間をシール(密閉)する。
使用条件 (1)内部油は高温・高圧の空気と共にミスト状となって吐出弁に付着し酸化され、カーボン化する。
(2)カーボンは弁や吐出管中に堆積すると、弁が密閉しなくなったり、カーボンに着火して火災事故を起こす事がある 。
(1)潤滑油はミスト状態になり高温の圧縮空気と接触する。
(2)空気中のホコリや水分が混入し、乳化が起こり易く、潤滑油の劣化を早める。
(3)機器に使用される銅や銅合金が触媒として働き、潤滑油が劣化しやすい。
要求される性能 (1)高温にさらされても酸化しにくく、カーボン化しにくい。
(2)錆止め性に優れ、泡立ち性が少ない。
(1)高温にさらされても長時間劣化しない。
(2)スラッジを発生しない。
(3 水分離性に優れ、乳化しにくい。
(4)泡立ちにトラプルが発生しない。
保守管理 (1)吐出空気温度のチェック
(2)給油量が適正かチェック
(3)冷却水の量をチェック
(4)外部油を適時交換する
(1)吐出空気温度のチェック
(2)起動前に水のドレン抜きをする
(3)潤滑油量をチェック
(4)油が著しく劣化する前に交換する


空気圧縮機の適油


機種  形式  給油個所  給油方法 適油 
往復動型  1~2段
終圧10kg/cm2以上 
シリンダー
(内部油) 
強制・飛沫 往復動圧縮機
専用油
(VG 46,68) 
 軸受
(外部油)
強制・飛沫
多段
終圧10kg/cm2以上 
 シリンダー
(内部油) 
強制・飛沫  往復動圧縮機
専用油
(VG100,150) 
 軸受
(外部油)
強制・飛沫
 回転型   スクリュー型 軸受、
シリンダー 
循環  スクリュー
圧縮機専用油
(VG 32) 
 ベーン型 軸受、
シリンダー
循環
 ターボ型 軸流式
遠心式 
 軸受 油浴、循環   タービン油
(VG 32,46)


バナースペース

山田商会

〒636-0355
奈良県磯城郡田原本町佐味582

TEL 0744-32-6767
FAX 0744-33-6790
EMAIL yamada-syoukai@y-oil.jp

アクセス