本文へスキップ

潤滑油の山田商会は各種高級潤滑油を専門とするオイル販売会社です。

TEL. 0744-32-6767 

〒636-0355 奈良県磯城郡田原本町佐味582
Email. yamada-syoukai@y-oil.jp

金属加工油

切削油の使用法

 項目 正しい使用法   トラプル例
 貯蔵 ・適正な保管
一高温の場所や極端な低温場所での保管は避ける
・水分の混入を避ける

・容器の密閉
・添加剤の劣化
・乳化不良(水溶性切削油)
・添加剤の分離、性能低下
・乳化
・水溶性切削油(原液)の水分蒸発による乳化不良
 希釈 ・水溶性切削油の希釈
一多量の水の中へ原液を徐々に加え攪拌する
・希釈には水道水を使用

・適正な濃度管理
一適正な倍率
(タンク容量の把握)
・原液中へ水を加えると乳化不良を起こし、O/Wエマルジョンにならない(W/Oエマルジョンとなる)
・硬水を使用すると乳化不良を起こす事がある。
・濃い場合:粘着物発生、泡立ち
・薄い場合:さび。エ具寿命低下、腐敗、かび発性
長持ちさせる
方法
・タンク容量の大型化
ー酸化劣化の防止
・冷却装置の設置
ータンク油温の上昇の防止
・切り屑の除去
・水溶性油の場合、タンク内へ空気を吹き込む(バクテリア繁殖防止)
・PHの維持
・定期的性状チェック
(水溶性油)
ー濃度、PH、色、匂い
・タンク容量が小さい油の劣化が早い
・高温による油の劣化、蒸発

・油劣化の促進
・嫌忌性バクテリアの繁殖


・PH低下によるさび、腐敗の発生
皮内炎の防止 ・油を直接長時間皮膚に付着させない
一エプロン着用
・作業前に保護クリームを塗布
一不水溶性切削油
(水溶性保護クリーム)
ー水溶性切削油
(油性保護クリーム)
・劣化した油の早期交換
・皮膚炎(低粘度油、アルカリ性)

・不水溶性切削油から水溶性切削油へ変わった時に注意
*水溶性加工油に付きましては 濃度管理とHP管理が重要です。 加工油によって定められた濃度で 使用して下さい。 *皮膚炎に付きましては、発症したら すぐに専門医でアレルギーの物質を突き止めて下さい。素人療法は症状を 長引かせます。

バナースペース

山田商会

〒636-0355
奈良県磯城郡田原本町佐味582

TEL 0744-32-6767
FAX 0744-33-6790
EMAIL yamada-syoukai@y-oil.jp

アクセス